So-net無料ブログ作成

大切なデータをバックアップするためにNAS(ネットワークストレージ)を購入する [NAS]




先日、NAS(ネットワークストレージ)を購入しました。


I-O DATA製の1TB版のNAS「HDL2-G1.0」です。


-メーカーの製品情報ページ-

http://www.iodata.jp/prod/storage/hdd/2008/hdl2-g/


-Impress PC Watchの記事-

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0717/hot559.htm


ネットの通販で、会員価格でかなり安いところを発見し、
3年無料保障を付けて税込み「34,638円」という破格?で
購入することができました。


今まで、過去10年ぐらいの間の重要なデータをメインPCとサブPCの
Dドライブ(データ保存用ドライブ)に、エクスプローラ上で
手動でバックアップを保存していたのですが、
さすがにファイル数が多くなり、管理が大変になってきたのと、
メインPCとサブPCのバックアップデータの同期を保つことに
時間を割くのに結構な時間がかかるようになってきたため、
今回NASの購入となりました。


購入時のNASの状態は、RAID0(ストライピング)で容量が1TBなのですが、
重要なデータをバックアップするので、商品到着後、すぐにRAID1(ミラーリング)での
ディスク再構成開始。
(ミラーリングなので使用できるディスクの容量は1TBの半分の500GBになります)

ミラーリングの再構成終了までは、数時間?かかりましたが、
無事RAID1でのディスクの再構成が終了しました。


このNASの仕様で、数万ファイルのコピーを一度に行うと、
劇的に処理が遅くなるという現象が発生するので、
毎日コツコツと、数フォルダ単位でNASへのバックアップを行っています。
(数万ファイルのコピーを試したら本当に劇的に遅くなり、
ファイルのコピーを途中でキャンセルしても、
NASを再起動するまで数ファイルのコピーですら劇的に遅くなるという
状態が続きました・・・)


数十ファイル~数百ファイルのコピーを行う限り、個人的には処理速度は
問題ないと感じます。
(体感速度はかなり個人差があると思いますので、あくまでも参考程度に・・・)

ファンレスなので、結構NASの周りのアルミの部分は熱くなりますね。
ただ、さほどコピーを行わなければ、気になるほどではないですし、
頻繁にコピーを行っても、いったんコピーが落ちつけば、
すぐにアルミ部分の熱は下がっていると思います。

省電力機能もついていて、なにもしていない時はスリープ状態に
することもできるので、熱に関してさほど心配はいらないかも知れません。


とりあえず、あと1~2週間程度バックアップにかかりそうですが、
それが終わったら、付属のフォルダ同期プログラム
(またはフリーのフォルダ同期プログラム)で、
常に同期をとるようにして、現状の手動でのデータ管理から脱出したいと思います。

ただ、NASの基盤(RAIDコントローラなど)が壊れたら、
重要なデータをすべて失ってしまうかもしれませんので、
また今度、USBの外付けHDDを別途購入して、NASとの同期を
行うようにしたいと思います。

それと、これからの季節(夏)は雷による停電が多いので、UPSを購入して、
NASとUPSの連動機能を使用して、突然の電源断に備えたいと思います。

あと、家のLANが未だに100Base-TXなのでギガビットハブと
カテゴリ6のLANケーブルを購入して、
ギガビット化をしていきたいと思います。
(購入したNASがギガビット対応なので
NASへのファイル転送の帯域をフルに生かすためです)


・・・欲しい物だらけで、お金が追いつきません(笑)


少しずつ、できる範囲で環境を整えていきたいと思います。




人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加しておりますので、ぜひ応援のクリックをお願いします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0