So-net無料ブログ作成

自宅メインPC(自作デスクトップパソコン)のSSD不調により換装 [自作PC]

自宅メインPC(自作デスクトップパソコン)のSSD(Intel SSD 335 240GB)の
度重なる不調により、先日、新しいSSDを購入して換装しました。


症状としては、Windows10起動時エラーで修復不能となる症状が
購入してから数か月おきに発生するというものでした。
(症状が起きてから、Windowsのシステムイベントログに
diskエラーが出力されおり、SSDのファームウェアを
都度最新版に更新しましたが、改善されませんでした・・・
もしかしたらハズレだったのかもしれません)

SSD(Intel SSD 335)を2013年1月に購入してから6年弱使用しましたので、
症状が発生するたびにいちいち再インストールして
環境を再構築するのにも手間がかかりますし、
さすがに限界と思い、新しいSSDを購入して、
今の環境をそのまま移行(ディスククローン)しました。


今回購入したSSDは「Crucial MX500 SSD」(CT250MX500SSD1)です。




以前、「Crucial m4 SSD2 128GB」を購入(2012年9月に購入)して、
今現在もThinkpad W510で現役で安定して動作しているので、
その実績から「CrucialのSSDを買おう」と決めました。
ですので、他のメーカーのSSDは検討すらしませんでした(笑)


2018090101_SSD_MX500.JPG 2018090102_SSD_MX500.JPG
購入したCrucial MX500 SSD SSDの箱を開けた状態
2018090103_Crucial_SSD_MX500.JPG 2018090104_USB_Connect.JPG
2.5インチHDDケースに取付 つながーるKIT USBでMX500を
接続してクローン実行!
2018090105_AOMEI_Clone.JPG 2018090106_Intel_SSD_335.JPG
AOMEI Backupper Standardで
クローン中
クローン正常終了後、
取り外したIntel SSD 335
2018090107_Windows_Boot_Success.JPG 2018090108_MX500_SSD_OK.JPG
クローンして換装した
Crucial MX500でWindows10正常稼働
(撮影画像暗いです)
デバイスマネージャで
換装後のSSDが正常に
認識していることを確認
2018090109_MX500_SSD_CrystalDiskMakrResult.JPG
2018/09/06追記
CrystalDiskMark 6.0.1 x64でベンチマーク測定!
結構いい速度出してます



換装してから3週間程度経過しましたが、
Windows10が問題なく正常に動作していますので、
大丈夫そうです。


まだしばらくは今のメインPCを使いたいと思っているので、
様子を見ながら大事に使っていこうと思います。


人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加しておりますので、ぜひ応援のクリックをお願いします。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。